iFixitのiPhone 13 Proティアダウン:内部構造はiPhone 12 Proから激変してます

iFixitのティアダウンライブ。

今年のiPhone 13シリーズは、去年のiPhone 12シリーズと見た目的には、ノッチの幅とカメラの大型化以外はほぼ同じですが、内部構造的には非常に変化があるのがわかります。

プロセッサーは「A15」と書かれたプレートに覆われていて、触覚タッチ機能を提供する「Taptic Engine」については、パーツ上に前から表記がありましたが、そのサイズは長さで約半分くらいになっています。

左が13、右が12。

バッテリーはレギュラーラインの13と12では、外観上はほぼ同じサイズのように見えます。

13 ProのバッテリーはL字タイプで容量の大きなものに変更され、13 Proには大きいカメラユニットがインストールされています。

左が13 Pro。右が13。

ロジックボードは13 Proが、より小型サイズになっていて、レギュラー13は長いフットプリントのロジックボードを採用。

13 Proと12 Proのディスプレイを比較してみると、12 Proではディスプレイユニットにスピーカーが取り付けられていますが、13 Proでは本体ユニット側に移動しています。

左が13 Pro、右が12 Pro

iPhone 13 Proの詳細なティアダウンレビューは「iPhone 13 Pro Teardown – iFixit」にまとめられていて、中盤までのティアダウンの様子とパーツをみることができます。


これはパート1で、「自分で補修できるかどうか」を表すポイント評価は続くパート2で公開されるかと思います。

M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA