iPhone 12:さらにリアカメラが強化、6.7インチモデル限定でセンサー・シフト手ぶれ補正機能が追加されるとの予想

TF International Securitiesのアナリスト Ming-Chi Kuo氏は、最新のインベスターノートで、今年発売されるiPhone 12には、リアカメラ機能がさらに強化されると予想していることをappleinsiderなどが伝えています。

こちらはiPhone 11 Proのレンズ。

これには、より光をキャプチャーして写真のクオリティを向上させる大きなセンサーも含まれ、また、ハイエンドの6.7インチのモデルにはセンサー・シフトの手ぶれ補正機能が搭載され、2021年モデルには他の機種にも搭載されるとみられています。

以前の噂では6.1インチモデルにもセンサー・シフト手ぶれ補正機能が搭載されるという見方もありましたが、Kuo氏は今年はハイエンドの6.7インチのモデル限定になると予想しています。

iPhone 11 Proモデルでは光学式手ぶれ補正が搭載されていますが、これは広角レンズと望遠レンズで機能するもので、センサー・シフト手ぶれ補正機能はどのレンズでも機能するため、さらに安定した写真や動画の撮影ができるようになりそうです。

センサー・シフト手ぶれ補正機能については、昨年末にDIGITIMESが市場をよく知る人からの情報として伝えていました。

レンズはLargan Precisionが80%、Genius Electric Opticalが20%。

センサー・シフト手ぶれ補正のモーターは台湾のALPS、CMOSイメージセンサーはソニーが供給する予定とされています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。