Other Interests(watchOS 6、iOS 13/iPhone 11 Pro Maxバラし/#進次郎さん/ナイトモード比較写真/MINI Phone)

watchOS 6、iOS 13にアップデート

watchOS 6iOS 13へのアップデート完了。


Series 4なので、新機種の常時点灯とか、コンパス機能は使えないですけど、新鮮な気分が味わえるのは嬉しいです。

ざっと使ってみてのwatchOS 6のインプレ:

・インフォグラフィック文字盤の色合いがパープルになった(勝手に変わったけど、カックイイのでOK)

・ノイズアプリ(コンプリケーションに設定。すると常にモニタリングしているような表示。バッテリー消費が気になるけど、便利なのでしばらくこのまま。)

・Watch上App Storeアプリ(探しずらいのでiPhoneアプリのままがいいんだけど。。。)

ざっと使ってみてのiOS 13のインプレ:

・ダークモードは目に優しいので嬉しい

・ショートカットアプリは便利に使えそう(サジェスションがいい感じ)

・新しいミー文字(キャラが苦手)

・CarPlay Dashboardは便利

・Safari(文字の大きさ調整、ツールバーの表示などが簡単にできるようになっていて便利)

でした。

Appleのハードウェアは、「もっとこうして欲しい」とか要望いっぱいあるけど、ソフトウェアに関しては毎年こうやって新味を楽しませてくれてもらえるんですよなあ。

特にiOSとwatchOSは、仕事に関係ない部分なので、気楽にアップデートできるのも嬉しいです。

macOSはそうもいかないからなあ。



iPhone 11 Pro Maxのリペアスコアは6


iFixitの「iPhone 11 Pro Max Teardown」。

見た所、4GB。

噂のあったリバース充電機能。

Appleマークの裏側にサーマルパッドが。

別のところでは、ソフトウェアアップデートで追加になるんじゃ無いの?という推測も出てますけど、どんなもんでしょう。

Repairability Scoreは(思ったよりも良い)6となってます。



#進次郎さん

Twitterの「#進次郎さんにキリッと朗読してほしいコメント」、おもろいのあるなあ。

よくできてるのはプロの方なんじゃ無いかとw。



iPhone 11: Night Mode camera will make us rethink what we can capture with our phones – 9to5Mac

同じ風景を普通の写真とナイトモードで撮影して、並べて比較。

とてもわかりやすいです。

ナイトモードは多少不自然なところもあるけど、おそらく肉眼では見えない範囲も写している様子。

欲しい度高まりました。



大人気の激安Bluetooth子機「MINI Phone」がカメラ搭載に、価格は1,600円 – AKIBA PC Hotline!

1,600円とか、つい衝動買いしてしまいそうなレベル。

こういうのでいいんだよなあ。

でも、安すぎて心配。

いや、使い捨てじゃ無いけど、それくらい道具として割り切ればいいのか。。



2件のフィードバック

  1. mizuno-ami より:

    series 5に鞍替えしました。
    画面常時ONは、かなりストレス低減になります。
    特に「見たい時に見れる」よりは「時計見ながら考えている時に暗転しない」がメリットに感じます。
    私に限った話でしょうが、時計の針を見ながら、あと何分で、とか考えますので。
    バッテリーの持ちは約1割くらい減りが速くなったかなぁ程度で、自分が起きている時間内であれば問題ないレベルですね。
    とりあえず、ご報告まで(笑)

  2. mh より:

    インプレありがとうございます。
    斜めチラ見でも時間が確認できて、バッテリー消費が1割り増し程度ならいい感じですね。
    アナログ時計を見ながらの時間の割り振り、僕もやります。
    あとあれですね、Apple WatchってS4では当人以外からしてみると、真っ黒画面の時計を身につけてるようにしか見えなかったけど、その辺が解消されるのが魅力的。ますます文字盤のデザインが重要になりそうだなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。