Adobe Flash Playerサポート終了:ユーザーはアンインストールが推奨

Adobeが、2020年12月31日でFlash Playerをサポートを終了し、2021年1月12日以降、Flash PlayerでのFlashコンテンツの実行をブロックすることをアナウンス


これは三年前に発表されたロードマップの予定通りの進行ですが、ユーザーにはシステムを保護するためにFlash Playerを直ちにアンインストールすることが推奨されています。

昨年末のサポート終了日後は、Flash Playerのアップデートとセキュリティパッチは発行されず、2021年1月12日以降、アドビはFlash PlayerでFlashコンテンツが実行されるのをブロックすることになりますが、アンインストールが強く推奨されています。

macOS環境でのアンインストール手順は「Uninstall Flash Player for Mac OS」、Windows環境でのアンインストール手順は「Uninstall Flash Player for Windows」で公開されています。

Flash Player for Mac OSのアンインストール情報

手順としては、上記のページから今使っているOSバージョンに対応するアンインストーラーをダウンロード。

起動してアンインストールするだけですので、それほど時間はかかりません。

ただ、Google ChromeでFlashを使っている場合には、「Flash Player Help」を参考にオフにする必要があります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA