DSCCのYoung氏:iPad mini 6はナローベゼル化で8.3インチディスプレイ搭載

ディスプレイ・サプライチェーン・コンサルタントCEOのRoss Young氏が、新しいiPad mini 6は8.3インチディスプレイでナローベゼル、ホームボタンがなくなるとツイートしています。


Young氏は、7/26には”今年はiPad miniにはminiLED搭載は無し”という話をしています。

また、9to5Macは7/22に関係者からの情報として”コードネーム「J310」と呼ばれる新しいiPad miniは、Appleの最新のA15プロセッサ、USB-Cコネクター、磁気式のSmart Connectorを搭載する”という話を伝えています。

これまでの噂を総合すると、新しいiPad miniは全体のサイズ自体はほとんど変えずに、ナローベゼルとホームボタンを無くすことで画面を大きくするようで、10.9インチのiPad Airをやや小さくしたような外観になりそうです。

新しいiPad miniは、この10.9インチのiPad Airに近いデザインになるかも

M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

1件の返信

  1. th より:

    iPad mini とiPad Air と差別化要因がなくなりそうな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA