GoPro Hero 10 Blackの写真がリーク:新しいGP2プロセッサーにより性能が向上、発売間近?

WinFutureが、新しいGoPro Hero 10 Blackの広報用と思われる写真を公開。


現行の「GoPro HERO9 Black」同様、フロントとリアの両方にディスプレイがあり、外観上の違いとしてはGoProロゴがブルーになっています。

内部構造には大きな変化があり、新しいGP2プロセッサーにより性能がアップしたことで対応フレームレートも大幅に向上。


マーケティング資料によると、5.3Kの解像度で60フレーム/秒の動画撮影が可能で、4K動画は最大120FPSで記録。
2.7Kの解像度では、1秒間に240コマの撮影が可能で、非常に高精細なスローモーション動画を作成することができます。


GP2プロセッサーに新しいイメージセンサーを組み合わせることで、従来のモデルに比べて、わずかに解像度が向上しています。

静止画の解像度は最大2,000万画素ではなく、将来的には2,300万画素も可能になる予定。


HyperSmooth 4.0は再び「ジンバルのような安定性」を提供できるはずで、自動アップロード機能により、これまで主流であった1080pのライブストリーミングに加えて、新しいビデオを素早く簡単にインターネットにアップロードする別の方法を作りたいと考えているようです。


また、「GoPro Hero 10 Black」では、水深10mまでの防水に対応したハウジング、使い慣れたタッチスクリーン、音声コントロール、TimeWarp 3.0も搭載。

RAW写真、SuperPhoto、HDRにも対応しており、Webカメラモードも引き続き使用可能。

「GoPro Hero 10 Black」の価格や発売時期については、まだ情報はありませんが、これまでは毎年秋になると新型が発売されることが多く、また、Amazonでは「HERO9Black本体+認定SDカード(64GB) + 1720mAh予備バッテリー2個」などのタイムセールや、「GoPro HERO9 Black + 予備バッテリー + 認定SDカード + サイドドア(充電口付) + ステッカー」は6000円オフのクーポンを配布中。

どちらもかなりお得なバンドルセットだと思いますが、もしかするとモデルチェンジは遠くないかもです。




M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA