iPhone 13の仕様がリーク?価格は据え置き、カメラ強化、バッテリーはProMotionディスプレイ搭載モデルはやや消費大など

@PineLeaksというアカウントがApple新製品の仕様について連投しています。


MacRumorsによれば、このアカウントは以前にもリーク情報を出していたMax Weinbach氏のものだそうです。

今回ツイートされた新製品の仕様は以下のとおり。


・iPhone 13のラインナップは値上げなし


・昨年のモデルと比較して重さと厚さは増加。特にPro Maxモデルで顕著


・iPhone 13 miniは、バッテリー駆動時間が約1時間延長


・iPhone 13 Pro Maxは、iPhone 12 Pro Maxよりも18〜20%大きなバッテリーを搭載


・iPhone 13とiPhone 13 Proは、昨年と同じバッテリーコンポーネントを引き続き使用しますが、10パーセント大きいバッテリーを提供


・iPhone 13 Proのバッテリー駆動時間は、120Hz対応のProMotionディスプレイの消費電力のために、iPhone 13よりも悪くなる可能性があり


・iPhone 13 ProおよびiPhone 13 Pro MaxのProMotionディスプレイは、低電力モードを有効にすると60Hzにスロットルになる


・iPhone 13 Pro Maxには、iPhone 13 Proにはない専用機能が引き続き搭載


・すべてのモデルのカメラセンサーの受光感度は少なくとも15%以上向上ウルトラワイドカメラのセンサーでは最大40%の増加


・シネマティック ポートレートビデオモードでは、“ワープ “と呼ばれる電子式手ブレ補正(EIS)が使用される。このモードでは、被写体をフレームの中央に配置し、光学式手ブレ補正をより “滑らか “に動作させ、さらに効果を加えることができる。


・ナイトモードは、星がフレーム内にあることを認識し、それに応じて設定を調整する。
新しいアルゴリズムは構造を分析し、シャープネスを調整し影を調整する。また、ナイトモードのカラーサイエンスは「目に見えて」改善される。


・第3世代AirPodsは、第2世代AirPodsと比較して20%大きなバッテリーを搭載した充電ケースを採用し、標準でワイヤレス充電を提供。
また、AirPodsに内蔵されているバッテリーは、これまでのモデルと同じ程度の大きさになり、音質は第2世代のAirPodsとほぼ同じですが、低音と低域が若干改善されているとのこと。

Apple Watch Series 7では、Apple Watchのバッテリー駆動時間がこれまでで最大のものになるだろうと付け加えています。

M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA