LG Display、2018年後半からApple向けにOLED、LCDパネルを供給

DIGITIMESが、AppleとLG DisplayのOLEDパネル供給についての契約がまとまり、2018年後半に出荷を開始するという話を伝えています。


これは、韓国のNewspim発の情報です。

契約では、LG Displayは300〜400万ユニットのOLEDパネル、2000万ユニットのLCDパネルをAppleに供給することが予測されており、OLEDパネルはE6プラントで製造されるようです。

E6プラントでの製造では、OLEDパネルの歩留まりが改善されていることから、2019年のAppleからのオーダーも確実視され、このため年間1000万ユニットのOLEDパネルの出荷を見込まれています。



2件のフィードバック

  1. th より:

    OLEDは6.5インチ、と具体的なサイズも記載されてますね、新型iPhoneのウワサは前から漏れてきてますがいよいよ発表間近な感じですね

  2. mh より:

    ちょっと安くなりそうな話も出ているので、今年乗り換える人は多くなるかもですね。かくいう、僕も可能性高し!デス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。