Ming-Chi Kuo氏の2021年Apple製品予想:AirTag、ARグラスの他、mini LEDディスプレイのMacBook Pro、iPad Proも

9to5Macなどが、TF International Securitiesのアナリスト Ming-Chi Kuo氏による2021年のApple製品予想を伝えています。


(↑こちらは以前にも紹介したAR Glassのコンセプトムービーです)

2021年にも数多くの製品の登場が予想されていますが、アイテム・トラッカーの「AirTag」、最初のARデバイスも含まれています。

AirTagsについては1年以上前から噂やレポートがあるものの、Appleは沈黙を保っています。

しかしながら、Kuo氏は本日のレポートでAirTagsの存在を強調していて、待望のアイテムトラッカーが2021年にリリースされることを示唆しています。

また、AR(拡張現実)デバイスは複数の種類をリリースするとみていて、具体的なスペックなどはわかりませんが、以前の予想では”Appleの第一世代のARグラスはiPhoneに大きく依存するだろう”としていて、ARグラスは基本的にディスプレイとしてのみ機能し、計算、レンダリング、インターネット接続、位置情報サービスはiPhone上で行われるという推測をしていました。

Mac製品はApple Siliconへの移行を継続しつつ、mini LEDディスプレイを搭載していくとみられ、14インチと16インチのMacBook Proモデルが予想されています。

iPadは、12.9インチのiPad Proがmini LEDディスプレイに変更される最初のiPadになると予想。2021年の第1四半期に発表。

また、新しいAirPodsも登場予定とみられていて、噂のあるAirPods Pro Liteは、Appleのラインナップにある非Pro AirPodsをリプレイスするものになりそうです。

デザインは現行のAirPods Proと似ている、または、同じものになりそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA