Other Interests(続MuseScore、レーザープリンターが安いぜ、教育の無償化、エピジェネティクス)

「MuseScore」のスキル向上ちう。

GW真っ只中。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

僕はMuseScoreで譜面をガシガシ作成する日々が続いております。

今まで手書きだったので、一つミスをすると修正するのが大変だったのですが、譜面ソフトに移行してからは、その辺の神経のすり減らし問題がほぼ無くなって嬉しいかぎり。

操作系については基本的な部分は70%くらいインプットされた感があります。
そして、今は各プロジェクトごとのスタイル設定のカスタマイズの完成度を高めているところです。

「MuseScore」、基本機能としてもだいぶ良いのですが、今の問題は「simileが思い通りに書き加えられない」ところ。
ソフト自体、最初はクラシック系のユーザー向けに特化していたのかな、今のバージョンではタブ譜もかけたりするのですが、そんなのよりもマスターリズム譜を簡単に描けるような機能が使えたらいいんだけどなあ。

結局、昨日なんかはベースの音全部とって書いたりしてました。
どうにかならんものか。。。



ついにうちにもレーザープリンター。ていうか安い。

もうここ何年もだましだまし使っていた、Brotherのインクジェットプリンター複合機。
もう流石にですね、紙は詰まるわ、給紙トレイは内部で引っかかって引き出せないわ、仕事に支障をきたすレベルになってきたので買い換えました。

今回は「Canon Satera MF232w」。

また安いインクジェット複合機にするかなーと思っていたのですが、調べてみたら、今は、WiFi対応のモノクロレーザープリンター複合機が1.5万で買える時代になっていたんですなあ。
日本はここ30年くらい経済成長してないくらいの勢いな訳ですが、この手の仕事の必需品が前よりも格段に安く買えるようになっていることは助かります。
とはいえ、本当はちゃんと国際平均クラスで経済成長して行くほうが望ましいですが。

で、「MuseScore」で作成した譜面をプリントアウト。

同じ譜面で比べてみると…。
お、そ、ろ、し、く、綺麗。
右側がインクジェット、左がレーザーです。
縦線の太さも違うし、玉のエッジの鮮明さ、文字の明瞭さ、どこを見ても感動以外のものはございません。

「ふ〜んだ、インクジェットでも十分!」とか自分には言い聞かせていたんですが、もう並べてみると一目瞭然で、しかも、それが譜面の場合には視認性が3倍くらい向上しそうです。
もうインクジェットに戻るなんて考えられなくなってしまいました…。
今までの手書きの譜面を全部「MuseScore」で書き直して、レーザープリンターで印刷して整理したくなったりもしてます。
まあ、膨大な数の譜面があるので、少しずつですが。

しばらくは「MuseScore」とレーザープリンターで遊べそうです。



やっぱり「教育の無償化」は、国債発行で賄うのが正解だ

そうなんですよ、こども保険ってのは、ちょっとねえ、、、。
印象を良くしようと思って使ったんだろうけど、言い換えのずるさが見えてしまうと、逆に印象は最悪になるんだよなあ。
教育は国にとって将来への投資になるわけで、既得権益を守るために使っている税金を順次引き上げて、教育方面に回して欲しいものだと思います。



コーヒー、タバコ、緑茶が「遺伝子スイッチ」を変える!? 最新遺伝学でわかった「とっておきの食事法」

エピジェネティクスっていうのは初めて聞いた言葉。
遺伝子は、変えられる。――あなたの人生を根本から変えるエピジェネティクスの真実」、読んでみるかな。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。