Other Interests(iMac Pro発売/ダウンロード販売がなくなる日/1杯50円コーヒー/ワーキャンパー/その他)

最恐のiMac Pro登場

おっと。「年末には発売予定」とだけアナウンスされていた、iMac Proが12/14に発売決定しましたね。

最大18コア、最大4.5GHzのTurbo Boost、最大42MBキャッシュ。
グラフィックチップはRadeon Pro Vega。
最大128GBメモリー。
最大4TBのSSD。
合計で4,400万ピクセルとなる2台の5Kモニタを接続できる、4つのThunderbolt 3ポート。
500ニトの輝度、1,470万のピクセル、P3カラーを持ち、10億色以上に対応する27インチのRetina 5Kディスプレイ。
完全に再設計のiMac Pro向けに熱アーキテクチャ。


など、恐ろしいハイスペックぶりです。
最恐のiMac Pro。

お金に糸目をつけず、最高のiMacを作るとどうなるかという製品で、これはこれで欲しいという層もいるんだろうなと思います。
ちょっと触ってみたいと思いますが、抑え気味のスペックでも50万くらいだろうという話なので、そりゃあれですなあ。

個人的にはスペースグレイのアクセサリが、MacBookとかとも相性が良さそうなので、気になってます。



あと1年と少しでダウンロード販売がなくなる話

昨日の「iTunes Storeのミュージックダウンロード販売:2019年始めに終了へ。 – PALMFAN」。

なんというか、ここ20年くらい技術が目まぐるしく変わる中で、いろんな思いを感じますなー。

Jobsのもと、iTunesが生まれて、ダウンロード販売が開始されて、いろんな曲やボックスセットの販売が行われ、今度はストリーミングに変化していく。

iTunes Storeでは自分の曲もリリースされて、そこそこの順位になったり、その他、関わったいろんなアーティストもランクインしたりとか、そういうことも楽しみの一つでもありましたが、そういうのも無くなるかもなあ。
Apple MusicやSpotifyなど各ストリーミングサービスへも配信しているので、再生状況はわかるんですけどね。

まあ、ダウンロード販売自体はレガシーになりつつあるのはそうなんだろうなと思います。ファイルが増えてくるとバックアップも大変だし。

でも、同時に、正反対のアナログ盤やCDへの回帰というのもニッチで残っていくのかも。モノとして所有していたい音源もありますからね。



メニューはコーヒー1杯50円のみ。充電完備でスキマ時間に仕事が捗る格安カフェのヒミツ

今度行ってみようかななカフェです。



スマートスピーカーを車に置いたら便利なのか 「Google Home Mini」の場合 (1/2) – ITmedia PC USER

まあ、GoogleかSiriの方がいいですよね。
でも、いずれにせよウェイクワードを人前で言うのは、なかなか恥ずかしいものがあります。



“ノマド”に転落したアメリカの老人たち アマゾン倉庫で働き、車で放浪生活 | NewSphere

ワーキャンパーとか、ちょっとカッコよさげですが、Amazon業務は厳しいだろうなあ。一日24キロも歩いて、商品探しと配送準備…。

アメリカは保険料が高いので、必要な保険に入れず、故に体調悪くても病院にも行けず、という(個人的に近い)人の話もよく聞きます。

日本の保険事情は、これに比べるとベターではあるんですが、経済環境は閉塞ムードが続いていて、この先、人が少なくなるとか不安要素はあるので、どっちもどっちかも。

頑張るしかないなー。



大手外食、全席禁煙広がる=規制先取り、人材確保も:時事ドットコム
東京新聞:過料2万6000件 横浜市「喫煙禁止地区」指定から来月で10年 :神奈川(TOKYO Web)

あと2年でオリンピックですからね。
横浜のやり方はケーススタディになるんじゃないですかね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。