Other Interests(2Doのコンプリケーション問題解決/5G関連/Apple Arcade巨額投資/Netflix決算)

[解決]2Doのコンプリケーション

Apple Watchの文字盤のコンプリケーションで、「2Do」が選べない件、解決しました。

要は「2Doのコンプリケーションは文字盤によっては選択できない」という仕様のようです。

具体的には、インフォグラフ文字盤ではリストには出てきませんが、ヴェイパーやユーティリティなどの丸い文字盤の場合、文字盤のカスタマイズでコンプリケーションを選ぶことができます。

表示されるのは、「今日」のタスクが優先されます。

文字盤では右上/左上の小さな表示の時にはタスクの残り数が表示され、下の配置の時にはタスクの内容も表示されます。

これでだいぶ使い勝手が良くなりました。

でも、文字盤で一番好きなのはインフォグラフなので、残念感もあります。

今後のアップデートに期待。

ちなみに、Mac版「2Do」は、今、StackSocialで19.99ドルでセール中。1ドル120円換算で2,400円。

App Storeバージョン「2Do – Beehive Innovations Services」は6,000円なので、これから買う人はお得かなと思います。

ただ、Apple Watchで使うには「‎2Do – Todo List, Tasks & Notes(iOS版)」も必要になります。念の為。

ついでに言うと、これからタスクアプリをMac版とiOS版で揃えようと思っているのだったら、「Things 3 – Cultured Code GmbH & Co. KG」「‎Things 3」もいい選択肢に思えます。

「Things」のコンプリケーションはインフォグラフでも配置可能で、微細な配慮の行き届いたデザインが好印象です。



QualcommとApple、
すべての訴訟の取り下げで合意 – Apple (日本)

インテル、スマホ向け5Gモデム事業から撤退-アップルの和解発表後 – Bloomberg

今回のAppleとQualcommの和解も、Intelの5G撤退も”どっちが得か”というビジネス観点からの判断なんだろうなあ。

個人的には、5Gは通信料コストが上がるのと、それほどメリットは感じないので、別に5G非対応でもいいんだけど、スマートフォン製品を売る側としてはフラッグシップだけでも5Gにしておきたいだろうな。



アップルはゲームサブスク「Apple Arcade」向け独占タイトルに560億円以上を投資

多分なんですけど、”面白いゲーム”というよりも、iPhoneとiPadの性能機能をアピールするようなタイトル作りになるような気がするんですよね。

いわゆる、時間泥棒的なハマりゲーは無いだろうし、バイオレンス描写の強いものも無い。
個人的にはWizardryとか、不思議のダンジョン系のタイトルがあればサブスクリプションしちゃいそうだけど。

開発とか、知育とか、インテリジェンスなものを揃えたいんだろうなと思ってます。



ネットフリックスが期待外れの4-6月見通し-時間外で株価下落 – Bloomberg
「Netflix」全世界の有料メンバー数、1億4800万人突破。2019年の第1四半期決算発表 – デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

最近のNetflixオリジナルは、世界的に見ると好評な様子。

「ザ・テキサス・レンジャーズ」は、ケビンコスナー好きだったら評価高いんだろうけど、個人的には盛り上がらず。

冒険して選択肢をインタラクティブに行う「You vs. Wild -究極のサバイバル術」は、昔の文庫本のRPGを思い出したくらいで、それほどでした。

次の新しい何かが欲しいなあ。



コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA