Apple、革新的なアクセシビリティ機能のプレビューを公開

なぜWWDC直前に?というところが気になりますが。

Appleが、今年後半に登場する”ハードウェア、ソフトウェア、機械学習の力を結集した革新的なアクセシビリティ機能”のプレビューを公開。


これらは障がいを持つユーザーにナビゲーション、健康、コミュニケーションなどのための新しいツールで、以下のような機能が開発中。

・目の不自由なユーザーのためのドア検知機能「Door Detection」


目の不自由なユーザーをサポートするアプリ「Magnifier」の新しい検知モードで利用できるようになる予定。

人検出機能、画像説明機能とともに、それぞれ単独または同時に検出モードで使用することができ、視覚障がいを持つユーザーに、ナビゲーションや周囲の豊かな説明へのアクセスを支援するカスタマイズ可能なツールを提供し、ドアが開いているか/閉じているか/閉じている場合は押す/ノブを回す/ハンドルを引くことで開けられるかどうかといった属性を伝えることができます。

・Apple Watchの身体的・運動的アクセシビリティを進化


ペアリングされたiPhoneからApple Watchを遠隔操作する「Apple Watch Mirroring」によって、iPhoneの音声コントロールやスイッチコントロールなどのアシスト機能を使ってApple Watchをコントロール。

Apple Watchのディスプレイをタップする代わりに、音声コマンド、サウンドアクション、ヘッドトラッキング、外部Made for iPhoneスイッチなどの入力を使用することができます。

上肢に障害があるユーザーなど、モビリティ機能に依存するユーザーが、血液酸素、心拍、マインドフルネスなどのApple Watch独自のアプリの恩恵を確実に受けられるよう支援するものです。

・iPhone、iPad、Macにライブキャプションを導入し、聴覚障害者に対応


通話、FaceTime、ビデオ会議やソーシャルメディアアプリの利用、メディアコンテンツのストリーミング、隣にいる人との会話などの状況下で、あらゆる音声コンテンツをより簡単にフォローすることができるようになります。

FaceTimeのライブキャプションは、通話参加者に自動翻訳された会話を提供。
Macでの通話にライブキャプションを使用する場合、ユーザーが返事を入力すると、会話に参加している他のユーザーにリアルタイムでその返事を音声で伝えることができるオプションもあり。

Appleの視覚障害者向けスクリーンリーダーVoiceOverは、ベンガル語、ブルガリア語、カタロニア語、ウクライナ語、ベトナム語を含む20以上の言語のサポートを追加。

MacのVoiceOverユーザーは、新しいテキストチェッカーツールを使って、重複したスペースや大文字の間違いなど、よくある書式の問題を発見でき、文書やメールの校正をより簡単に行うことができます。

その他の機能では、友人にゲームを手伝ってもらうことができる「Buddy Controller」、Siriがリクエストに応えるまでの待ち時間を調整することができる「Siriポーズタイム」、一文字ずつの入力でオリジナルのスペルを入力することができる「音声コントロールスペリングモード」、自宅のアラーム/ドアベル/家電製品など、その人の環境に特有の音を認識するようにカスタマイズできる「音認識機能」なども開発されていて、Apple Booksアプリでは、新しいテーマを提供し、テキストを太字にしたり、行間、文字間、単語間を調整するなどのカスタマイズオプションを導入し、より読みやすい読書体験ができるようにする予定とのこと。

—-

アクセシビリティ機能の強化そのものは、とても重要なことで、Appleが注力しているのは頼もしい限り。

ただ、なぜ6月のWWDCではなく、このタイミングなのかというのは、やや気になるところ。

もしかして、今年のWWDCではコンテンツの量が多すぎるので、事前に公表できるものは公表しよう、ということなのかも?

ARMRデバイスも控えてますしね。

まあ、ハードウェア発表はないと思うけど。

2 Responses

  1. カスカ より:

    おそらく、5月はGAADというアクセシビリティの啓蒙期間だからだと思われます。

  2. M.Hirose より:

    Global Accessibility Awareness Day (GAAD)、調べました。なるほど、こういうことですね。ありがとうございます😀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA