CNETのiPhone 11/11 Proの落下テスト動画:なんと3m以上の高さから落してもひび割れ無し

コーニングのGorilla Glassを採用し、最もタフなガラスを表裏両面に使っていて、”最もタフなスマートフォン”というのは本当か?ということで、iPhone 11とiPhone 11 ProのドロップテストをCNETが実施。

路上での落下をシミュレーションするのではなく、ドロップマシーンを使って、どのテストも同じような角度で落下するようにテストしてます。

まずは3フィート。約92センチ。

iPhone 11とiPhone 11 Proの表面と裏面、別々にテスト。
全部で4回テスト。
3フィートは、すべてのテストで破損が見られず。

次に6フィート。約183センチ。

これも全部で4回テスト。
これもiPhone 11は表面、裏面、カメラ共に破損は見られず。

iPhone 11 Proは表面落下時にディスプレイのピクセル表示が一部破損
ディスプレイパネル自体にはクラックは無いけど、数ピクセル表示がおかしくなってます。

同じiPhone 11 Proの裏面落下テスト。
さらなるダメージは無し。

3番目の高さは8フィート。約2メートル44センチ。

これもiPhone 11の表面落下はノーダメージ。
裏面落下はカメラの出っ張りのところに傷がつく。
カメラ自体は使えます。

iPhone 11 Proの表面落下。
さらに別の場所でピクセル表示が一部破損
表面自体はスクラッチ無し。
カメラもOK。

裏面落下ではカメラレンズの縁にダメージ
カメラ自体は使えます。

ここまでのテストで外装への傷、iPhone 11 Proのピクセルデッドはあったものの、ディスプレイ自体のひび割れは無し。

ということで、さらに高くして11フィート。約3メートル35センチ。

普通、こんな高さから落とすことはあり得ないですが。

ところが驚くべきことに、iPhone 11の表面落下はノーダメージ。
でも、カメラは撮影できなくなっています

つまり、iPhone 11を落とした場合、ディスプレイがひび割れるよりも先にカメラが壊れる可能性が高そうです。

最後にiPhone 11 Pro。
表面落下ではSIMカードスロットが飛び出たけど、表裏どちらも新しい傷は無し。
でも、電源はオフになっている状態。
再起動後、カメラを中心にチェックするも、普通に使えてます。

iPhone 11シリーズの耐落下衝撃性能は本当に優れているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。