iPhone 13のFace IDがApple社内でテスト中〜マスク+メガネありでも認証しやすくなるかも!

FrontPageTechが、iPhone 13のFace IDの内部テストについて伝えています。


これはマスクやメガネをつけた状態でも顔認証確率が上がることを目指したもののようで、Apple社内でのテストは大きな規模で行われているため、プロトタイプを渡すのではなく、新しいセンサーとカメラの配列を持つプロトタイプのケースを使用しているとのこと。

このケースはiPhone 12にフィットするもので、追加のセンサーアレイが配置されています。

プロトタイプのアレイは、6月に公開されたiPhone 13のCADファイルで見たのと同じレイアウト。

現在までに確認できるのは、プロトタイプケース内のFace IDアレイは、通常のiPhone 12内に見られるアレイよりも幅が狭く、プロトタイプのカメラは左側にあります。

このことから、試作品に搭載されているアレイは、iPhone 13のものではないかと推測しています。

このテストは、あらゆるスタイルのメガネとマスクを使って、屋内外でかなり詳細に行われているそうです。




M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA