iPhone 13 Flipコンセプト動画:背面に常時表示ディスプレイ。これはいいかも。

ConceptiPhoneによる、iPhone 13 Flipコンセプト動画。

来月発表されるはずのiPhone 13ですが、別にフリップ型の確定情報が出ているわけではありません。

あくまでも、こんなんなったらいいね、というコンセプト3Dモックです。

とはいえ、とてもよくできていて、今までの噂で出ていたようにカメラは強化されクアドレンズに、さらにカメラと同じくらいの大きさの小さな画面が配置されていて、その中で時刻や各種モードを表すアイコンや主要なアプリアイコンが表示されています。

折りたたみタイプのiPhoneについては、以前に「折りたたみスマートフォンは全メーカーの必須ラインナップになると予測。iPhoneは2023年モデルから。」で、カメラとレンズの強化については「iPhone 13ハイエンドモデルにはオートフォーカス/低照度性能強化のカメラが搭載予定」などで、常時表示機能については以前に「iPhone 13に(引き続き)常時点灯型ディスプレイ搭載の可能性」でお伝えした通りで、それらの情報も反映された作りになっています。

レンズについてはクアドレンズになる可能性は少ないかなーと思うのですが、常時表示パネルはいいアイディアかなとも思います。

今年のiPhone 13は、Appleのリーク対策強化により、それまでと比べて事前情報が少なくなっていますが、あと約1ヶ月ほどで発表されるはずなので、楽しみに待ちたいと思います。

M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA