Kuo氏:AppleのARヘッドセットは第四四半期発売。10年以内にはiPhoneをリプレイスする計画

AppleのARヘッドセットは来年Q4に発売、いずれはiPhoneの替わりになるという話が出ています。


TF International Securitiesのアナリスト Ming-Chi Kuo氏は最新のリサーチノートで、初期のApple製ARヘッドセットは、MacやiPhoneに接続しなくてもスタンドアローンで動作し、Appleは10年以内にiPhoneを置き換えることを視野に入れて、「包括的なアプリケーション」をサポートするつもりだと書いています。

2022年第4四半期に発売されるApple製ARヘッドセットには、2つのプロセッサが搭載されると予測されていて、上位のプロセッサーは、Mac用の「M1」と同等のPMU(Power Management Unit)、演算能力を備え、下位のプロセッサーはセンサー関連の処理を行うことになります。

このヘッドセットでは、ARだけでなく、ソニー製の4Kマイクロ有機ELディスプレイを組み合わせることでVRにも対応。

ビデオシースルーのAR機能を提供するには、iPhoneの倍以上となる6〜8個の光学モジュールが必要で、このためM1同等の処理能力のプロセッサとセンサー用のプロセッサが必要となるようです。


なお、今年の9月には「今のところ、ARヘッドセットは2022年後半に発売予定」という話が出ていて、2つの製品ラインアップ、価格は2000USD以上という噂も出ていました。

4Kマイクロ有機ELディスプレイや、2つのプロセッサを搭載するという仕様であれば、コストはそれなりにかかることは間違いなさそうで、USで2000ドル以上ということになると、日本では25万円以上ということも考えられそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA