Netflix Games:iOS向けには個別アプリがリリース予定

Netflixが、Androidプラットフォーム向けに「Stranger Things」などのゲームサービスの展開を開始しましたが、iOS向けには個々のゲームを個別にリリースし、ユーザーがNetflixアプリからゲームを起動できるようにする、という話が出ています。


BloombergのMark Gurman氏によると、Netflixはこのゲームサービスについて、顧客の維持と新規顧客の獲得のための重要な手段にしたいと考えていて、Netflixが現在、ビデオやテレビ番組を提供しているように、ユーザーがNetflixアプリの中でコンテンツを見つけ、ダウンロードしてアクセスできるようにすることを目指しているようです。

現在提供されているAndroidプラットフォーム向けのサービスでは、Netflixのメインアプリで「ゲーム」タブを開くことはできますが、ゲームは実際にはGoogle Playストア経由で個別にインストールされ、スタンドアローンアプリとして動作するというもの。

Microsoft Corp.、Nvidia Corp.、Alphabet Inc.などの他のゲームサービスはクラウドベースで、オールインワン型のゲームサービスとして動作しています。

いずれ、Netflixのゲームサービスもクラウドベースに移行することが期待されていますが、クラウドベースになったとしても、AppleのApp Storeのルールでは、サードパーティがゲームサービス用のオールインワン・アプリを作ることができないという制約があります。

このため、NetflixはゲームタイトルをAppleのApp Storeで個別にリリースし、ユーザーはNetflixアプリからゲームを起動する、という提供の仕方を余儀なくされます。

今後、利便性の高いオールインワン型のゲームサービスとなるためには、Netflixがクラウドに移行する必要があり、さらにAppleはNetflixのルールを変更するか、免除を認める必要があります。そして、Netflixのサービスが最終的に成功するかどうかは、長年のパートナーでありながらライバルとして成長してきたAppleの手に委ねられることになるとしています。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA