Apple Watch Series 7のレンダリング:ボクシーデザインになり、より薄型化か。

91mobiles.comが、Apple Watch Series 7のCADベースのレンダリング画像を公開。


このレンダリングイメージは業界関係者の情報を音にしたものとしていて、Apple Watch Series 7は、ボクシーなデザインになり、スピーカーグリルが大きくなり、ナビゲーション用のデジタルクラウンが搭載。

これまでの丸みを帯びたエッジを廃止して、iPad ProやiPhone 12モデルのようなフラットエッジ・デザインを全面的に採用するようです。

ボタンの配置は特に変更はないようで、フレームの右側にはナビゲーション用のデジタルクラウン、マイク、フラットな選択ボタンがあり、左側にはスピーカー用の大きなスリットが2つあります。


背面には、今までのモデル同様、心拍数センサーやその他のセンサーがあります。

Apple Watch Series 7の44mmモデルは、サイズが44 x 38 x 9mm、1.8インチのディスプレイを搭載。

Series 6 44mmのサイズは44 x 38 x 10.7mmであるため、縦横のサイズは変わらず、さらに少し薄くなるようです。

今までのリーク情報では、ベゼルが細くなった新しいディスプレイと、改良されたヘルスモニタリングセンサーを搭載すると言われています。

また、ウルトラワイドバンド技術を搭載し、Appleの「Find My ネットワーク」に接続できるようになるはずだと言われています。これにより、WatchOS 8で予告されているように、ドアロックを開けることもできるようになる見込みです。




M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA