DXOMARKによるiPhone 13カメラレビュー:露出、ホワイトバランス、オートフォーカスなどが高評価。13 miniもほぼ同じ結果に。

コンシューマーエレクトロニクスのカメラ、オーディオ、ディスプレイ、バッテリーのクオリティ測定を専門に実施している、フランスの「DXOMARK」による、iPhone 13カメラのレビュー。


iPhone 13シリーズはカメラ機能の向上が大きく、Proラインナップだけでなく、レギュラーラインのiPhone 13と13 miniにおいてもかなり強化されているとのこと。

DXOMARKのカメラテストはカメラの初期設定を用いて、管理されたラボ環境と自然な屋内外のシーンの両方で、3000枚以上のテスト画像と2.5時間以上の動画を撮影・評価するというもの。

結果的に以下のような優位性が挙げられています。


Pros
・正確で再現性の高い目標露出
・一般的に美しい色とホワイトバランス、ほとんどの光条件で快適な肌色、複雑な逆光のシーンでもOK
・高速かつ正確で再現性の高いオートフォーカス
・日中および室内照明下での良好なディテール
・正確で安定した露出、動画の広いダイナミックレンジ
・質感とノイズのトレードオフが良好な映像表現
・正確なホワイトバランス、シーン変更時のスムーズな移行
・ほぼ正確でスムーズな動画のオートフォーカス

短所としては、低照度下で発生するプライマリカメラおよびウルトラワイドカメラの輝度ノイズ、コントラストの強いシーンでのダイナミックレンジが狭いなどをあげています。また、動画撮影では低照度下において、ノイズ、レンズフレアやゴースト、質感の低下、残像感があるということも指摘しています。

なお、iPhone 13には専用望遠モジュールは搭載されていないものの、新しいプライマリモジュールはiPhone 12 Pro Maxと同じサイズのセンサーを採用し、PDAFの代わりにデュアルピクセルオートフォーカスが搭載。

f1.6の開口部を持つレンズ、センサーシフト式の手ぶれ補正システムなどもあり、昨年のレギュラーラインのiPhone 12と比べると飛躍的に強化されています。

また、 iPhone 13とiPhone 13 miniはリアカメラの仕様とプロセッサーが同じで、この2機種の撮影結果はほぼ同じものが得られるという検証結果もあります。


他社製スマートフォンを含めた評価ランキングでは、iPhone 13 ProもPro Maxも137ポイントで4位と5位。


iPhone 13と13 miniは130ポイントで、昨年のiPhone 12 Pro Maxと同じでポイントですが、セルフィーとオーディオ、ディスプレイ評価で1〜5ポイント上回っています。




M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA